Broadmedia

ナビゲーションをスキップして本文へ

プレスリリース

マルチクラウドと働き方改革を効率化するアカマイ社製の次世代型アクセスサービス「Enterprise Application Access」の提供を開始!

ブロードメディア株式会社
ブロードメディア・テクノロジーズ株式会社

ブロードメディア株式会社の子会社ブロードメディア・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:久保 利人)は、アカマイ・テクノロジーズ合同会社(本社:東京都中央区 職務執行者社長:山野 修 、以下「アカマイ」)のソリューション、Enterprise Application Access(以下「EAA」)の提供を開始いたしました。

EAAは、インターネット上にあるアカマイのサービス基盤を通して、企業が自社アプリケーションと従業員を高速かつ安全に接続するクラウドサービスです。また、低コストで簡単にスタートでき、国や拠点を問わずに安定したセキュアなネットワーク環境が得られます。現在、多くの日本企業のICT部門は、マルチクラウドとリモートワーカー増加により分散するリソースの管理に課題を持っています。EAAは、この課題を解決し、企業のICT運用上の迅速化とコスト削減を実現します。加えて、多くの企業が直面しているサイバーセキュリティリスクを大きく緩和するゼロトラスト・セキュリティ・モデルの実現に貢献します。

Enterprise Application Accessについて

近年、多くの企業がオフィスソフトウェアを始めとする多くの社内アプリケーションをクラウドへ移行しています。SaaSやIaaSの普及に伴って、従来型のネットワーク構成とセキュリティの執行は非効率になっています。そこで、クラウド上に分散する社内アプリケーションに対して、世界中どこからでもアカマイの分散コンピューティング基盤を通してアクセスし利用出来るのがEAAです。
管理者は、自社アプリケーションに対する認証、認可に加えてネットワーク接続も一元的に管理できます。多要素認証、ユーザーディレクトリ、シングルサインオン、ネットワーク接続、アプリケーションアクセス制御、サーバーロードバランス、管理の可視化と制御が1つのサービスに統合されます。

ゼロトラスト・セキュリティ・モデルについて

現在多くの企業で使われている社内LANやイントラネットなどの境界型セキュリティは、「信頼するが検査する(インターネットの出口など、境界の部分でのみ検査を行う)」というものです。しかし、近年は、マルウェア感染済み端末や、IDパスワードの盗難などにより脅威が既に社内に入り込んでいる状況が多く、境界型セキュリティが機能しなくなりつつあります。

そこで、「信頼せず常に確認する」という考え方のゼロトラスト・セキュリティ・モデルが米国を中心に注目されています。これは、ネットワークの内部と外部を区別せず、アプリケーションやデータに接続許可する前にすべてのデバイスとユーザーの認証、認可を行うというものです。また、接続許可後も常にロギングや行動分析を行い、怪しい挙動を行うデバイスやユーザーを自動排除していく、適応型セキュリティの概念を内包します。このモデルに基づきセキュリティを実装することで、クラウドやモバイルにより分散した企業のICTをより安全にすることが出来ると考えられています。

セミナー開催のお知らせ

ブロードメディア・テクノロジーズ株式会社では、本サービスに関するセミナーを、アカマイ・テクノロジーズ合同会社への協賛として
6月20日(木)に開催いたします。

セミナータイトル 「DX時代の次世代ネットワークセキュリティーセミナー」
日  時 2019年6月20日(木) 14:30-19:00 *受付開始:14:00
場  所 アカマイ・テクノロジーズ合同会社(東京都中央区京橋2-1-3京橋トラストタワー6階)
参 加 費 無料(要事前登録)
申 込 https://www.akamai.com/PJS620_BMT/

アカマイ・テクノロジーズ合同会社について

アカマイ・テクノロジーズ合同会社は、1998年に設立された、アカマイ・テクノロジーズ・インク(本社:米国マサチューセッツ州ケンブリッジ、最高経営責任者:Tom Leighton)が100%出資する日本法人です。アカマイは、ウェブサイト/モバイルアプリの最適化、快適なユーザー体験、堅牢なセキュリティを実現する各種ソリューションを提供しており、日本国内では約600社がサービスを利用しています。




記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。