BroadmediaBroadmedia

トップメッセージ

橋本太郎
TARO HASHIMOTO
1982年慶應義塾大学経済学部卒業。野村証券を経て、96年財務経理部企業投資室長としてソフトバンク(現:ソフトバンクグループ株式会社)に入社。97年JスカイB取締役、98年日本デジタル放送サービス(現:スカパーJSAT株式会社)常務取締役(CFO)を歴任。2000年3月に当社代表取締役に就任し現在に至る。

ブロードメディアとは、当社の社名であり、当社の事業の総称です。broadband mediaの略語であり、既存メディアの枠を広げていくbroader mediaという意味が社名に込められています。

ブロードメディア・グループは、動画配信・放送・スタジオ・教育等を含めた広義の「コンテンツ」と、配信(CDN)やセキュリティー対策等を含めた広義の「技術」という2つのコアと、その「普及促進」の3つの領域で構成されています。

2つのコアには多岐にわたる複数の事業があり、当社はその大半を子会社を通じて行ってきましたが、2020年4月に100%子会社6社をブロードメディア本体に吸収合併して7社を1つに統合し、事業間の垣根(別会社としての壁)をできるだけ取り払い、風通しを良くしました。グループ統合により、子会社がそれぞれに行ってきたガバナンスやコンプライアンス対応を名実ともに一元化して、「1つのブロードメディア」”One Broadmedia”を追求する体制となりました。

また、2022年4月にブロードメディアeスポーツ(株)を連結子会社にし、当社グループは「教育」「スタジオ・コンテンツ」「放送」「技術」「その他」の5つのセグメントで事業を推進する体制になりました。これからも複数のセグメントが強みを発揮する、独自性の高い事業の創出と育成に努めてまいります。

当社は、厳しい時期を経て業績を回復させ、2021年度末には9期ぶりの復配を果たしました。
事業に困難はつきものです。当社はそれを乗り越えて、成長してまいります。
事業は利益を上げるだけでなく、人々や社会の役に立つことが目的です。当社は、持続可能で、かつ倫理的なビジネスで成長をめざしてまいります。

2022年7月

橋本太郎