BroadmediaBroadmedia

沿革

ブロードメディアの事業の変遷

沿革

STAGE 1
(~‘99・3)
準備期間
1996年9月 スカイインターナショナル企画株式会社を設立
1998年11月 デジタル通信衛星放送、インターネット等のサービスを行うため、株式会社デジタルクラブに社名を変更
1999年3月 日本デジタル放送サービス株式会社(現:スカパーJSAT株式会社)と代理店契約を締結し、CS会員サービスを開始
STAGE 2
(‘99・4~‘04・9)
収益基盤の確立
新規事業の育成
2001年12月 個人向け映像配信サービスの事業主体として子会社ブロードメディア・ティービー企画株式会社(現:ビー・ビー・ケーブル株式会社)を設立
2002年1月 クラビット株式会社に社名を変更
2002年3月 大阪証券取引所ナスダック・ジャパン市場(現:東京証券取引所 JASDAQスタンダード)に上場(証券コード 4347)
2002年4月 株式会社スカイパーフェクト・コミュニケーションズ(現:スカパーJSAT株式会社)との代理店契約終了。新規CS会員獲得業務を終了
2002年7月 ビー・ビー・ケーブル株式会社が電気通信役務利用放送法に基づく有線役務利用放送事業者として日本で初めて登録される
2003年7月 Oy Gamecluster社(フィンランド)と提携し、ゲームオンデマンド事業を開始
2003年10月 CDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)サービス事業に参入
2004年9月 ビー・ビー・ケーブル株式会社の全株式をソフトバンクBB株式会社(現:ソフトバンク株式会社)に売却
STAGE 3
(‘04・10~‘07・3)
コンテンツ流通を核とした事業にシフト
2005年4月 アカマイ・テクノロジーズ社(米国)の主要リセラーであるCDNソリューションズ株式会社を子会社化
2006年7月
委託放送事業者である株式会社釣りビジョンを子会社化
釣りビジョン
2006年11月
海外映像作品の放映権販売や、日本語版制作(字幕・吹替)を行うブロードメディア・スタジオ株式会社を子会社化
ブロードメディア・スタジオ株式会社
2006年11月
モバイル向け映画情報サイトを運営するハリウッドチャンネル株式会社を子会社化
ブロードメディア・スタジオ株式会社
STAGE 4
(‘07・4~‘10・3)
経営資源を3つの事業領域に集中
2007年10月 ブロードメディア株式会社に社名変更
2007年11月
会社分割によりゲーム事業をGクラスタ・グローバル株式会社へ承継
Gクラスタ・グローバル株式会社
2009年9月
eラーニングを活用した通信制高校を運営するルネサンス・アカデミー株式会社を子会社化
ルネサンス・アカデミー株式会社
STAGE 5
(‘10・4~‘20・3)
コンテンツサービスの持続的な成長と技術サービスの進化を加速
2012年4月
映画館へデジタル機材の導入を推進するデジタルシネマ倶楽部株式会社を子会社化
デジタルシネマ倶楽部株式会社
2014年5月
ホテルの客室、会議室等へインターネットサービスを提供するルーネット・システムズ株式会社を子会社化
ルーネット・システムズ株式会社
2016年7月
連結子会社のブロードメディアGC株式会社へクラウドゲーム事業を譲渡
ブロードメディアGC株式会社
2017年3月 連結子会社のルネサンス・アカデミー株式会社の株式を追加取得し完全子会社化
2017年5月 ルネサンス・アカデミー社が株式会社日本語センターの全株式取得ならびに完全子会社化
2017年6月
連結子会社のCDNソリューションズ株式会社が、同じく連結子会社のルーネット・システムズ株式会社を吸収合併し、社名をブロードメディア・テクノロジーズ株式会社に変更
ブロードメディア・テクノロジーズ株式会社
STAGE 6
(‘20・4~)
組織の壁を取り払い、異なる事業を掛け合わせることによってイノベーションを促進し、新しい事業を創出
2020年4月 連結子会社であるルネサンス・アカデミー株式会社、ブロードメディア・スタジオ株式会社、ブロードメディア・テクノロジーズ株式会社、デジタルシネマ倶楽部株式会社、ブロードメディア GC 株式会社、ハリウッドチャンネル株式会社の6社をブロードメディア株式会社に吸収合併