Broadmedia

ナビゲーションをスキップして本文へ

プレスリリース

ロシア軍全面協力のもと実現した 究極の戦争スペクタクル・エンターテインメント『オーガストウォーズ』8月10日(土)より渋谷TOEIほか全国順次ロードショー!

ブロードメディア株式会社
ブロードメディア・スタジオ株式会社

ブロードメディア株式会社の子会社ブロ-ドメディア・スタジオ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:橋本 太郎)は、ロシア軍の全面協力のもとに実現した戦争スペクタクル・エンターテインメント『オーガストウォーズ』を、8月10日(土)より渋谷TOEIほか全国で順次公開いたします。

驚異のVFXと本物の戦争兵器が埋め尽くす
究極の戦争スペクタクル・エンターテインメント

2008年8月8日、南オセチアにグルジア軍が侵攻。突如、ロシア軍との戦闘が勃発した―。若きシングル・マザーのクセーニアとモスクワで暮らしている5歳のチョーマは、今は離れて暮らす父親に会うため、たった一人でこの地に来ていた。しかし、再会を果たすや否や、グルジア軍の砲撃により父親が即死してしまい、激戦の最前線に取り残されてしまう。息子の危機を知ったクセーニアは、単身で南オセチアに乗り込むが、そこは巨大ロボットと軍事兵器が対峙する、人知を超えた世界であった―。
本作は、実際に起きた戦争を題材にしながら、巨大ロボット戦争も描くという前人未到の映像体験をさせてくれる作品です。VFXを担当したのはハリウッド映画『ウォンテッド』に参加したロシアのVFXスタジオ、メイン・ロードポスト。ロシア映画史上前例のない迫力のロボット・バトルを実現するために1年の製作期間を費やしました。戦闘ロボットたちはどれも、『トランスフォーマー』シリーズや『パシフィック・リム』、そして日本のロボットアニメとは一味もふた味も違う斬新かつ独特なデザインで、彼らが大暴れするバトル・シーンではロシア軍が全面協力。スホーイ25戦闘機、ソビエト連邦時代に開発された戦車T-72、Mi-24ハインド攻撃ヘリコプターなどのミリタリー・マニアにはたまらないロシア軍兵器が雲霞の如く登場し、本物の兵器による実戦さながらの戦闘シーンも同時に楽しむことができます。

『オーガストウォーズ』公式サイト(http://www.augustwars.com/)では、作品情報・劇場情報などをご覧いただくことができます。また、PC・スマートフォンサイト「クランクイン!(http://www.crank-in.net/)」でも、作品内容やキャスト情報などを提供しております。

当社は、今後も国内外のコンテンツ事業者との連携を強化・推進し、皆様と優れたエンタテインメント作品の懸け橋となれるように努力とチャレンジを続けてまいります。

作 品 情 報

タイトル 『オーガストウォーズ』  英題:「August 8th」
製作 FOXインターナショナル / VFXプロダクション:メインロード ポスト『ウォンテッド』
監督 ジャニック・ファイジエフ
出演 スベトラーナ・イヴァーノヴナ / エゴール・ベロエフ / マクシム・マトヴェーエフ
製作年 2012年
製作国 ロシア
上映時間 132分
URL http://www.augustwars.com/

会 社 概 要

社名 ブロ-ドメディア・スタジオ株式会社
代表者 橋本 太郎
所在地 東京都中央区月島1-14-7
設立 2000年8月10日
事業内容 外国映画及び外国テレビシリーズのテレビ放映権販売、日本語版制作(字幕・吹替)、 DVDビデオの権利仕入・発売・プロモーション、劇場配給、映画宣伝等
URL http://www.bmstd.com/

クランクイン! サービス概要

情報提供 ハリウッドチャンネル株式会社
内容 PCおよびスマートフォン、タブレット向け映画情報サイト
URL http://www.crank-in.net/ (PC向け)
http://m.crank-in.net/ (スマートフォン、タブレット向け)