Broadmedia

ナビゲーションをスキップして本文へ

プレスリリース

映画 『マイ・エンジェル』愛し方が分からない母と、愛されたことのない娘。手探りで紡ぎ上げる、二人の〈愛〉の形とは。2019年8月10日(土) 有楽町スバル座ほか全国順次公開

ブロードメディア株式会社
ブロードメディア・スタジオ株式会社

ブロードメディア株式会社の子会社ブロードメディア・スタジオ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:橋本 太郎)は、アカデミー賞女優マリオン・コティヤールが新人女性監督の脚本に魅了されて挑んだ、世界から取り残された母と娘の痛切な愛の物語、映画『マイ・エンジェル』を、8月10日(土)より有楽町スバル座ほか全国で順次公開いたします。

あなただけが、私のすべて。

2007年の『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』でアカデミー賞主演女優賞を受賞し、名実共に世界的なスター女優となったマリオン・コティヤール。その後も傑出した演技力、存在感を示し、出演作を厳選することでも知られるコティヤールが、異例と言うべき未知の新人女性監督とのコラボレーションに挑みました。写真家として長らく第一線で活躍してきた監督ヴァネッサ・フィロのオリジナル脚本に心奪われた彼女が、天使のように美しい我が子を想いながらも、愛し方が分からない"母親"という難役を、渾身の役作りで体現しました。
さらに注目は、不器用な母の愛を渇望している少女エリーを演じた小さな主演女優エイリーヌ・アクソイ=エテックスです。全編がどことなく大人びたエリーの視点で描かれており、母親への眼差しの複雑さに好奇心と不安に揺らめく心情を浮かばせ、それでも過酷な世界を生き抜く強さを表現しています。
地中海の風光明媚なリゾート地として有名なコート・ダジュールを舞台にした本作は、そのきらびやかな世界の片隅に取り残され、迷子のように彷徨するひと組の母娘の物語です。幸せの在り処はおろか、自分たちの居場所さえ見つけることのできない母親の、依存症や育児放棄といったリアルな社会問題を取り上げながら、人間の優しさと脆さ、愛の尊さと痛み、傷ついた母娘の絆の崩壊と再生を紡ぎ上げたエモーショナルな作品です。

【ストーリー】

地中海沿岸のコート・ダジュール。シングルマザーのマルレーヌ(マリオン・コティヤール)は、浜辺に近いアパートで8歳の愛らしい娘エリー(エイリーヌ・アクソイ=エテックス)とともに暮らしていた。マルレーヌは不器用だが誠実でハンサムな男性ジャン(ステファン・リドー)と恋に落ち、迷うことなく結婚式を挙げるが、いつもの悪癖で酒をあおり、結婚披露パーティーの真っ最中にジャンに"不適切な現場"を目撃され、ようやくつかんだ幸せは幻のように消え失せてしまう。エリーはその日、美しい母親が無様に壊れゆく姿を、ずっと黙りこくって見つめていた。
定職に就かず、何事にも気まぐれで突発的に行動するマルレーヌの生活は荒み、行きづまっていた。ある夜、マルレーヌは、気晴らしにエリーを連れてナイトクラブに繰り出し、そこで出会った新しい男と意気投合。「これからどこへ行くの?」と問いかけるエリーをひとりタクシーで帰宅させ、そのまま忽然と姿をくらましてしまう・・・。


当社は、今後も皆様と優れたエンターテインメント作品の懸け橋となれるように、努力とチャレンジを続けてまいります。


【作 品 情 報】

タイトル 『マイ・エンジェル』(英題:angel face)
監督/脚本 ヴァネッサ・フィロ
撮影 ギョーム・シフマン
出演 マリオン・コティヤール、エイリーヌ・アクソイ=エテックス、アルバン・ルノワール
製作年 2018年
製作国 フランス
上映時間 108分
配給 ブロードメディア・スタジオ株式会社
URL http://my-angel-movie.com/

【会 社 概 要】

社名 ブロ-ドメディア・スタジオ株式会社
代表者 橋本 太郎
所在地 東京都中央区月島1-14-7
設立 2000年8月10日
事業内容 外国映画及び外国テレビシリーズのテレビ放映権販売、日本語版制作(字幕・吹替)、
DVDビデオの権利仕入・発売・プロモーション、劇場配給、映画宣伝等
URL https://www.bmstd.com/