Broadmedia

ナビゲーションをスキップして本文へ

プレスリリース

ゴールデン・ビートル賞最多11部門ノミネート、4部門受賞 シングルマザーの電話交換手から世界有数のジャズシンガーに! 『ストックホルムでワルツを』 11月29日(土)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか 全国順次ロードショー!

ブロードメディア株式会社
ブロードメディア・スタジオ株式会社

ブロードメディア株式会社の子会社ブロ-ドメディア・スタジオ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:橋本 太郎)は、スウェーデンのアカデミー賞にあたるゴールデン・ビートル賞で最多11部門ノミネート、4部門受賞した話題作、シングルマザーの電話交換手から世界有数のジャズシンガーとなったモニカ・ゼタールンドの半生を描いた感動の実話『ストックホルムでワルツを』を、2014年11月29日(土)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次公開いたします。

傷ついても前を向いて少しだけ夢に近づく

20141128_001_01.jpg

ストックホルムから遠く離れた小さな田舎町に暮らすシングルマザーのモニカは、電話交換手の仕事をしながら、時折深夜バスでストックホルムまで出向き、ジャズクラブで歌手としてステージに立つ忙しい日々を送っていた。
いつか歌手として成功することを夢見ているモニカに、厳格な父は歌を辞め母親として専念することを求めていた。そんな時、バンドメンバーからの助言によって母国語(スウェーデン語)でジャズを歌うことを思いつく。誰もが予想していなかったこの歌声は、次第にストックホルムの、スウェーデンの人々の心に響くようになっていく――。
本作はモダンジャズ全盛期に英語ではなく母国語でジャズを歌うという画期的な試みでスターダムを登り、巨匠ビル・エヴァンスとの共演により国際的な名声を築いた世界有数の歌姫モニカ・ゼタールンドが、父との確執や、理想の母親になれない自身への葛藤など多くの試練にさらされながらも、歌手として頂点を極め、仕事と人生の両方の幸せを手に入れるまでの波乱に富む数年間に焦点を当てたサクセス・ストーリーです。
ドラマを彩るのは、ジャズの名曲の数々。中でも世界で初めてスウェーデン語でジャズを歌ったモニカの代表作「歩いて帰ろう」(原曲:「ウォーキン・マイ・ベイビー・バック・ホーム」)の、春のそよ風のように軽快でキュートな歌唱は今聞いても新鮮です。彼女がブレイクする契機となったビル・エヴァンスの「ワルツ・フォー・デビー」も忘れられません。カバーソングを熱望したモニカが手作りのデモテープを送ったことから、ふたりの共演が実現したというエピソードも描かれています。また、背景となる1950~1960年代は、デンマークのアルネ・ヤコブセン、フィンランドのアルヴァ・アールト、スウェーデンのオーレ・エクセルらが活躍した北欧デザインの全盛期。その時代のインテリアや街並み、そしてファッションを再現したお洒落な美術も本作の大きな見どころです。

『ストックホルムでワルツを』公式サイト(http://stockholm-waltz.com/)では、作品情報・劇場情報などをご覧いただくことができます。
また、PC・スマートフォンサイト「クランクイン!(http://www.crank-in.net/)」でも、作品内容やキャスト情報などを提供しております。

当社は、今後も国内外のコンテンツ事業者との連携を強化・推進し、皆様と優れたエンタテインメント作品の懸け橋となれるように努力とチャレンジを続けてまいります。

作品情報

タイトル 『ストックホルムでワルツを』 原題: Monica Z
監督 ペール・フライ
脚本 ペーター・ビッロ
出演 エッダ・マグナソン / スペリル・グドナソン / シェル・ベリィクヴィスト
製作年 2013年
製作国 スウェーデン
上映時間 111分
URL http://stockholm-waltz.com/

会社概要

社名 ブロ-ドメディア・スタジオ株式会社
代表者 橋本 太郎
所在地 東京都中央区月島1-14-7
設立 2000年8月10日
事業内容 外国映画及び外国テレビシリーズのテレビ放映権販売、日本語版制作(字幕・吹替)、
DVDビデオの権利仕入・発売・プロモーション、劇場配給、映画宣伝等
URL http://www.bmstd.com/

クランクイン! サービス概要

情報提供 ハリウッドチャンネル株式会社
内容 PCおよびスマートフォン、タブレット向け映画情報サイト
URL http://www.crank-in.net/ (PC向け)
http://m.crank-in.net/ (スマートフォン、タブレット向け)

以上