Broadmedia

ナビゲーションをスキップして本文へ

プレスリリース

映画『キスできる餃子』2018年6月22日(金)新宿ピカデリーほか全国順次公開! ~ 6月15日(金)栃木県先行公開 ~

ブロードメディア株式会社
ブロードメディア・スタジオ株式会社

ブロードメディア株式会社の子会社ブロードメディア・スタジオ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:橋本 太郎)は、宇都宮市の全面バックアップのもと、「餃子」という誰でも馴染みのある食べ物を通じて地方を、日本を明るく元気にするエンターテイメントムービーとして、宇都宮を舞台にバツイチ子持ちの出戻りシングルマザーが、実家の餃子屋の再建に奮闘しながらも、イケメンゴルファーに恋をするラブコメディ映画『キスできる餃子』を、6月22日(金)新宿ピカデリーほか全国で順次公開いたします。

運命が、焼きあがる

主演は、ドラマやバラエティーに幅広く活躍し、2017年は主演映画が2本公開された足立梨花。相手役を務めるのは、東海地方を中心とした活動から、一昨年の日本レコード大賞新人賞受賞、昨年には日本武道館でのワンマンライブを大成功させ、大ブレイク中のエンターテイメント集団「BOYS AND MEN」の田村侑久。監督は、小説家・劇作家・演出家・作詞家としてマルチに活躍し、2016年公開『クハナ!』につづき、本作が2作目の監督作品となる秦建日子。『アンフェア』の原作、『HERO』『救命病棟 24時』『ドラゴン桜』『そして、誰もいなくなった』など、数々の大ヒットドラマの脚本を手がけてきた秦自身が、完全オリジナルとなる本作の脚本も手掛けました。

【ストーリー】

イケメン夫の浮気が原因で離婚した子連れのシングルマザー陽子(足立梨花)は、安すぎる慰謝料での離婚成立を迫られていた。離婚成立に勢いよく啖呵を切った陽子だったが、タイミング悪くパートはクビとなり、家賃は滞納、途方に暮れ地元の宇都宮へ帰ることに...。しかし、一人娘の美咲を連れ実家の餃子屋「ふじた」に帰ってきた陽子が目にしたのは、店に貼られた「廃業しました」の貼り紙だった。父、信介(浅野和之)の体調不良のためだったが、何も知らなかった陽子はショックを受ける。そこで陽子は父に「ふじたを私にやらせてくれないか」と切り出す。娘の決意を聞いた信介は「やるなら全部、お前一人の責任でやれ」と、渋々ながら承諾するのだった。なんとか父にも認めてもらおうと、餃子作りに燃えていく陽子は、宇都宮餃子会に再加盟するため日々奮闘する。目標に向け四六時中、餃子の試作を続け、徹夜明けで迎えたある朝、陽子に運命的な出会いが訪れる。新聞配達に来た青年の亮(田村侑久)にひと目惚れしてしまうのだ。しかし手痛い離婚の反省から「男は顔で選んじゃダメ」と自分に言い聞かせる陽子だったが、餃子好きな亮との距離は次第に近づいていく。そんな中、陽子が亮の隠す"ある秘密"を知ってしまったことから、二人の仲は微妙なものに...。果たして、店の再建と二人の恋の行方はどうなる!?

当社は、今後も皆様と優れたエンターテインメント作品の懸け橋となれるように、努力とチャレンジを続けてまいります。

【作 品 情 報】

タイトル 『キスできる餃子』
監督/脚本 秦建日子(『クハナ!』監督/「アンフェア」シリーズ原作)
主題歌 チャラン・ポ・ランタン「ページをめくって」(avex trax)
製作 上條典夫、橋本太郎、堀義貴、谷口誠治、岸本卓也、黒内和男、平塚康、関口快流、
山本堅嗣宣、木内久生、大塚幹夫、関根房三
出演 足立梨花、田村侑久(BOYS AND MEN)、佐野ひなこ、中島広稀、古川凛、大石吾朗、
佐藤美希、勇翔(BOYS AND MEN)、浅野和之、麻生祐未
製作年 2018年
上映時間 100分
配給 ブロードメディア・スタジオ株式会社
助成 文化庁文化芸術振興費助成金 下野新聞社創立140周年記念映画
URL http://kiss-gyo.jp/

【会 社 概 要】

社名 ブロ-ドメディア・スタジオ株式会社
代表者 橋本 太郎
所在地 東京都中央区月島1-14-7
設立 2000年8月10日
事業内容 外国映画及び外国テレビシリーズのテレビ放映権販売、日本語版制作(字幕・吹替)、
DVDビデオの権利仕入・発売・プロモーション、劇場配給、映画宣伝等
URL http://www.bmstd.com/

【クランクイン! サービス概要】

情報提供 ハリウッドチャンネル株式会社
内容 新作映画情報、エンターテインメント情報サイト
URL http://www.crank-in.net/